うつ病について

うつ病で休職できるか

うつ病になったとき、休職することはできるのか気になりますね

うつ病で休職できるか

>>病院に通っているのに良くならないときはどうしますか?


うつ病になったとき、治療する上で最も大切なことは、十分に休養をとってストレスから離れ、心と体を回復させることです。

仕事を持っている方なら、休職してゆっくりと休むことで、うつ病の症状が改善し、完治してしまうこともあります

でも、就業先にうつ病だとわかってしまったら解雇されないかと不安になりますね。

本来は、専門医が休職するべきであると判断して、診断書を書いてくれるのなら、会社も休職を認めざるを得ないものです。

もちろん、会社が主治医と相談して、配置転換したり業務を軽減した上で、仕事をしながら治療できないかを検討することもあるかもしれませんが、いきなり解雇することは不当解雇にも該当しますし昨今許されることではありません。

ただし、職場の休暇の制度がどうなっているか、病気休職制度がどうなっているのかは、確認しておかなければなりません。

どれくらいの期間なら休職できるのか、その間の給料や身分はどうなるのかなど、気になるところですね。


うつ病から回復するためには、専門医にかかって、きちんと服薬し、しっかりと休養することが重要です。

仕事は気になるところですが、すっぱりと休職して休養に努める方がかえって回復への近道になるものです。

実際、うつ病になると普段よりも業務遂行能力が低下しますので、無理に仕事を続けても誰の得にもなりません。

うつ病だと診断されたら、すみやかに職場に相談して、医師の判断のもと、仕事を休むようにしましょう。


>>いつ治るのか、いつ働けるようになるのか不安でたまらないなら


 
Copyright (C) 2014 うつ状態を克服する〜うつ病を自力で治す方法 All Rights Reserved.